いつでも、ふぅ。AGF AGF Lounge

  • TOP
  • 商品サイト
  • AGFのこだわり
  • キャンペーン
  • 遊ぼう
  • 応援しよう
  • おいしい飲み方
  • 楽しいレシピ
  • CM&動画ギャラリー

2018年度の活動実績

AGF®「ブレンディ®」は、復興を応援する東北の4窯元とともに、1杯のコーヒーとそれをたのしむ“器”を通じた、おいしさとくつろぎをお届けする活動を各地で行っています。 プロジェクトも7年目に突入した本年は、窯元さんの今の思い、そして未来への希望を、インタビューを通してお伝えしていきました。また、毎年の恒例となった親子を対象とした器の絵付け体験と工場見学も開催。AGF関東株式会社にて、東北の窯元と関東地区の親子との絆をつなぐお手伝いをいたしました。

器の絵付け体験&コーヒー工場見学

器の絵付け体験の様子

親子で一緒に。
世界にひとつだけの器作り体験

2016年度、2017年度に引き続き、デザイナーのコシノジュンコさんをお迎えし、8年前の東日本大震災で被災した4つの窯元とコシノさんが共同で制作した器に、親子で絵付けを行うイベントが開催されました。
今回の会場は、群馬県太田市にあるAGF®のコーヒー製造工場、AGF関東株式会社。イベントに集まった親子は、埼玉県や千葉県、群馬県などから参加した14組28名でした。絵付け体験のあとに行われた工場見学では、普段飲んでいるコーヒーがどんな風につくられているのか、製造工程を見学。子どもも大人も、笑顔あふれる充実の1日になりました。

コシノジュンコさん

「先入観にとらわれないで」
コシノさんが器作りのアドバイス

「日頃コーヒーを何気なく飲んでいますが、コーヒーにも器にも、つくり手の想いや手間ひまかけた工程があって、本当に人の力、知恵って素晴らしいと改めて気付かされる素敵な企画だと思います」と、今年で同イベントへの参加は3年目となるコシノさん。コシノさんと窯元さんが共同制作した器は、全体に絵が描きやすいようにと、平面的な持ち手が特徴です。「普通は穴の空いた持ち手を想像しがちですが、デザインは先入観があると何もできません。絵も同じで、理屈ではなく想いを形にするもの。何を描いてもいいので、とにかく楽しんで描くことが大事です」。そんなコシノさんの言葉に、真剣に耳を傾ける子どもたち。さあ、世界にひとつだけの器作りのスタートです!

イベント風景

窯元さんからのメッセージ

針生 乾馬 様
宮城県 堤焼乾馬窯 針生 乾馬 様
世界にひとつだけの器を大切に

これまでいくつかの会場で絵付け体験を見てきました。「何を描こうかな?」と悩む親子を多く見かけていましたが、今回の参加者たちがいちばん思い切りがよくて仕上がりも早く、経験者がそろっているの? と驚きました(笑)。色使いも明るいものが多かったのが印象的です。今回出来上がったのは世界にひとつだけの器なので、大切に使ってくださいね。

加藤 文夫 様
宮城県   末家焼ひろ窯 加藤 文夫 様
“ものが伝える心”を感じてほしい

器を通しての出会いがひとつの絆になり、今後、器を使うことで今日の思い出が蘇ると思います。“ものが伝える心”。この器をそんな風に捉えていただければ嬉しいです。震災から8年も経つとどうしても記憶が薄れていきますが、器を通して思い出していただければ。みなさんが完成させた器で、ぜひ新しい歴史を刻んでください。

宗像 利浩 様
福島県   会津本郷焼宗像窯 宗像 利浩 様
長く寄り添う器になるように

焼き物は完成して終わりではなく、その良さをいかに引き出きだせるかがとても大事。そのためには器を使い続け、みなさんに長く寄り添うものになればとても嬉しいです。また、昨年に続き工場見学も2度目の参加ですが、何度見ても新しい気付きがあり、コーヒーの味やコーヒーとは何かを、改めて深く考える時間をいただきました。

Page Top