いつでも、ふぅ。AGF AGF Lounge

  • TOP
  • 商品サイト
  • AGFのこだわり
  • キャンペーン
  • 遊ぼう
  • 応援しよう
  • おいしい飲み方
  • 楽しいレシピ
  • CM&動画ギャラリー

2017年度の活動実績

AGF®「ブレンディ®」は、被災した東北の4窯元の復興を応援するとともに、コーヒーカップという“器”を通して、東北地方の伝統的な焼き物文化を全国に紹介し、被災地の方々においしさとくつろぎをお届けする活動を行っています。 2017年度は、 AGF鈴鹿株式会社にて、親子を対象とした器の絵付け体験と工場見学を開催。 東北の窯元と東海地区の親子との絆をつなぐ、お手伝いをいたしました。

器の絵付け体験&コーヒー工場見学

東海地区の親子を対象とした、
世界にひとつの器を作るイベント

2016年度に引き続き、デザイナーのコシノジュンコさんを講師にお迎えし、コシノさんが東北で活躍されている窯元とそれぞれ共同で制作した器に、親子で絵付けを行っていただきました。
2017年度のイベント会場は、三重県鈴鹿市にあるAGF®のコーヒー工場、AGF鈴鹿株式会社。絵付け体験だけでなく、AGF®のコーヒー作りにかける想いに触れたり、コーヒーができるまでの工程を学んだりと、充実のイベントになりました。

人との絆を深め、心を通じ合わせるプロジェクト

今年でプロジェクトへの参加2年目を迎えたコシノさん。「味の素AGFさんと窯元さんとの絆、そして親子との絆、人と人とのつながりを深めるこのプロジェクトは、本当に心のあるイベントだと思います。私と窯元さんで心を込めて作った器に、みなさんの絵を描いて世界でひとつだけの器を作り、この器を使うたびに親子で今日の体験を思い出してもらえると嬉しいです」。コシノさんの想いを受け取りながら、世界でひとつだけの器づくりのはじまりです。

青森県   南部名久井焼見学院窯 砂庭 大門 様
絵付けをしてはじめて作品が完成

ようやく器が完成してホッとしています。コシノさんがデザインを起こして、私たち4つの窯元が一生懸命器を作り、その器にみなさんが絵付けをして、はじめて作品が完成できたと思っています。
これからもこの器を末永く愛してもらえると嬉しいです。

宮城県 堤焼乾馬窯 針生 乾馬 様
思い切りのいい描きぶり

今回の器は、絵付けしやすいようにお米のもみ殻灰を原料とした白い釉薬で焼き上げました。今日参加された方は、みなさん思い切りのいい描きぶりで、上手に絵付けをする人が多い印象を受けました。注意点として、ゴシゴシ洗いすぎると、絵が剥がれてしまうかもしれませんので(笑)、大事にお使いください。

福島県   会津本郷焼宗像窯 宗像 利浩 様
みなさんの作品に元気をもらいました

完成した作品を見た時に元気を感じました。今回絵付けした器は持ち手が普通のカップと比べて独特なので、五感でモノをみるきっかけになると思います。また、自分のマイカップを持つ人が少なくなっているみたいですが、このイベントを機会に自分のマイカップとして、器を大事にする人が増えるといいなと思っています。

宮城県   末家焼ひろ窯 加藤 文夫 様
使って育てるのが焼き物の醍醐味

今日作った器を家に持ち帰ってもらって、日常でこの器を使っていくとどんどん気持ちが入っていき、器が成長していくと思います。使い育てることが焼き物の醍醐味です。今日の思い出のひとつとして、東北にこういう窯元があるんだと覚えておいてもらえると幸せです。

Page Top