いつでも、ふぅ。AGF AGF Lounge

  • TOP
  • 商品サイト
  • AGFのこだわり
  • キャンペーン
  • 遊ぼう
  • 応援しよう
  • おいしい飲み方
  • 楽しいレシピ
  • CM&動画ギャラリー

プロジェクトについて

AGF〈ブレンディ〉は、一杯のコーヒーとそれをたのしむ“器”を通じて、おいしさとくつろぎをお届けしたいという想いから、売上の一部を活動資金に割り当て、“AGF Blendy 器の絆プロジェクト”を推進しています。

2011年3月、東北地方が未曾有の大震災に襲われた直後から、全国各地で支援活動が湧き上がりました。AGFも被災者、被災地を支援したいとの思いから、何かできることはないかと真剣に考えて参りました。あまりにも大きな被災状況を目の当たりにし、一企業が行える支援が微力なものに過ぎないことを感じながらも、AGFが提唱する一杯のコーヒーがもたらす“くつろぎ”は必ずや復興へ向かう力に結びつくであろう、そうであってほしいとの願いを込めて、2012年に「AGF〈ブレンディ〉東北 器の絆プロジェクト」を立ち上げました。

厳しい環境下にあっても、一日のうち、ほんのひとときでもお好きな器でお好きな飲み物を楽しんでいただきたい、家族・仲間と語らうひとときを大切にしてほしいという願いと、東北地方の伝統文化や地元産業の復興を後押しし、東北と全国の人との“絆”づくりに役立ちたいとの思いから、東北地方で特に被害の大きかった窯元(かまもと)の修復を支援することにしました。

2012年から2013年は4窯元の窯の修復・支援活動、修復した窯にて焼きあげた作品を使ってのお茶会、そして2014年からは親子の絆を深める陶芸教室を実施しました。このようにして、プロジェクト立ち上げ当初の窯の修復支援活動から、東北の器の魅力を全国に発信する活動へと幅を広げて参りました。

そのような中、2016年4月には熊本・大分でも非常に強い地震が発生しました。本来、東北の復興支援として継続して行ってきた「AGF〈ブレンディ〉東北 器の絆プロジェクト」ですが、東北だけに限定することなく、熊本・大分の方々にも支援の絆を広げていきます。

プロジェクト全体テーマを 「1杯のコーヒーとそれを楽しむ器を通じて被災地においしさとくつろぎをお届けする」とし、「AGF〈ブレンディ〉東北 器の絆プロジェクト」で培った、器の絆を熊本・大分へも広げ、復興支援を通じて生活や社会に貢献していきたいと考えております。

活動実績

2012年 被害を受けた青森、宮城、福島の3県3窯元の窯の修復を支援
2013年 宮城県内の1窯元に窯を寄贈
2014年 窯元さんの協力を得て、親子陶芸教室を開催、都内で作品展示会を実施
2015年 「旅して応援!親子陶芸教室ツアー」や東北の窯元さんが作る器の販売を実施

Page Top