いつでも、ふぅ。AGF AGF Lounge

  • TOP
  • 商品サイト
  • AGFのこだわり
  • キャンペーン
  • 遊ぼう
  • 応援しよう
  • おいしい飲み方
  • 楽しいレシピ
  • CM&動画ギャラリー

器の絆を東北から熊本・大分へ2016年「AGF Blendy 器の絆プロジェクト」

器の絆を東北から熊本・大分へ

7月5日(火)、新たな「AGF〈ブレンディ〉 器の絆プロジェクト」の取り組みのお披露目と、熊本・大分復興支援施策の発表が、表参道にあるLa Boutique JUNKO KOSHINOで行われました。東日本大震災をきっかけに始まったこのプロジェクトも今年で5年目。復興の絆はますます広がります。

世界で活躍するコシノジュンコさんとの共同プロジェクトが実現!

“器”をテーマにした復興プロジェクトにコシノさんが共感

東日本大震災をきっかけに、飲料メーカーとして一杯のコーヒーがもたらすくつろぎは必ずや復興へ向かう力になると信じて続けてきたこのプロジェクト。
2016年度は世界的なデザイナー、コシノジュンコさんをプロジェクト・パートナーに迎え、新しいかたちに!
コシノさん自身、「日伯修好通商航海条約120周年」を迎えて2015年に実施された、東北活性化プロジェクト「サンパウロたちねぷた2015」のユニフォームをデザインするなど、独自の支援活動を続けています。

「日本が大変な状況の中、ただ見ていることはできませんでした。子どもは誰でも芸術家です。東北の子どもたちに絵を描いてもらい、その絵を展示する復興イベントなどを行ってきましたが、今回は未来ある子どもたちだけでなく、親子の絆をつなげるプロジェクトと聞き、参加させていただくことにしました」

心強いパートナーを迎えた今年、支援の絆をより多くの人につないでいきます。

コシノさんと東北の窯元が届ける親子で器の絵付け体験!

器作りの様子

世界でひとつだけの器作りを通じて、
窯元や東北の親子との絆をつなぎます!

今年度のプロジェクトでは、東北に住む親子を対象に、絵付け体験イベントを宮城、福島、青森で実施。絵付けする器は、コシノさんのデザインをもとに、被災した東北伝統の4窯元が焼き上げます。半日がかりのイベントには、コシノさんも赴き、絵付けする子どもたちに直にアドバイスも!
東北の窯元とコシノさん、そして思い思いの絵を描く親子それぞれの想い。器の数だけ物語が紡がれていきます。
絵付け後には、その器を使用して、お茶会も開催。
くつろぎの一杯を共有することで、参加者同士の絆もきっと強まります。

コシノさんと一緒に親子みんなで、心もからだもあたたまる一杯を共有しませんか?

子どもたちに絵を描いてもらうイベントは過去にも実施しましたが、今回はコーヒーを飲む器、そして、親子で体験するというのが大きいですね。絵付けをした器で飲むコーヒーはきっと格別。参加される方にはぜひ“美味しい経験”をして欲しいです。コシノジュンコ

2016年 AGF〈ブレンディ〉器の絆プロジェクト「親子で器の絵付け体験」イベントレポート

2016年は東北だけでなく熊本・大分にも支援の絆を広げます!

器の絵付け体験イベントを、熊本・大分でも開催。

これまで東北の復興支援として行ってきた器の絆プロジェクトですが、今年4月に発生した平成28年熊本地震を受け、熊本・大分でも“親子で器の絵付け体験”を実施することが決まりました。

東北地方同様、コシノさんおよび、窯元の方たちも現地に赴くかたちでのイベントを予定。熊本・大分にも支援の絆を広げていきます!

詳細については、決まり次第、AGFラウンジ内でお知らせします。

器作りの様子

地震で崩れた熊本城を見て、熊本市長さんが涙されていた場面をテレビで拝見しました。現地の人たちのことを思うと、とても心苦しい気持ちです。でも、こんな時だからこそ、一杯の温かいコーヒーが大きな力のきっかけになるのではないかと思っています。 コシノジュンコ

コシノさんと共同開発した新フレーバーで熊本・大分を支援

さらに、2016年度の復興支援は絵付け体験だけではありません。
元々〈ブレンディ〉スティックのファンでもあったコシノさんと一緒に開発を進めていた新製品〈ブレンディ〉スティック 「黒糖ジンジャー・オレ」を期間限定で全国発売!
利益の全額を日本赤十字社の「平成28年熊本地震災害義援金」に寄付します。

「心もからだも温まる」をコンセプトに開発されたこの製品。黒糖のコク深さとジンジャーのアクセントが効いた“からだだけでなく、心まで温めてくれる”フレーバーです。

元々、〈ブレンディ〉スティックのカフェオレが大好きで、黒糖とジンジャーを加えてアレンジしたカフェオレをお客さまに振る舞ったりして、楽しんでいました。みんな「ホッとする」「おいしい!」と言ってくれる自慢のアレンジが今回製品化されて、とても嬉しい。スティックタイプならお湯さえあれば飲めるので、自宅でも旅先でも、海外にだって持っていけます。 コシノジュンコ

プロジェクトに参加する東北の窯元さんからのメッセージ!

新製品 〈ブレンディ〉スティック「黒糖ジンジャー・オレ」が会場に来ていた方に配られました
発表会の最後には新製品〈ブレンディ〉スティック「黒糖ジンジャー・オレ」が会場に来ていた方に配られました

発表会の最後には新製品 〈ブレンディ〉スティック「黒糖ジンジャー・オレ」が会場に来ていた方に配られました。口々に「黒糖のコクがホッとする味で美味しい!」「生姜のアクセントが効いていて、口当たり爽やか!」と飲んだ感想があちこちからこぼれ、和やかな雰囲気のまま、発表会を締めくくりました。
今年の復興プロジェクトは東北だけでなく、熊本・大分まで広げ、より多くの人との絆を広げていきます!

Page Top